徳島の藍の歴史

藍歴史
     (徳 島 県 立 文 書 館 よ り)

   ◎徳島県における藍の歴史
   藍は,徳島の繁栄を支えてきました産業であり、全国に誇れる伝統文化と言えます。
 徳島(阿波の国)における藍は、古くから栽培されていたのであろうと推測されます。しかし、その起源は不明です。藍の取引を示す記録が文安2年(1445年)の「兵庫北関入船納帳」に阿波藍の輸送の記帳があり、藍の生産がおこなわれていた記録があります。

 徳島の阿波藩主となった蜂須賀家政が、天正13年(1585年)に藩の財政を支えるために吉野川流域で古くから栽培されていた藍栽培を奨励しました。  徳島の吉野川下流域は、台風による河川の氾濫により、稲作をするには条件が悪い地域でありました。しかしその反面、吉野川は下流域に肥沃な土地をもたらし、水の便もよく、藍栽培にとっては適した地域でありました。

 藍は、藩による生産の保護と奨励とともに、洪水の被害が少なく、稲作りよりも収益の高い作物である藍栽培が発展していきました。  また、戦国時代の後期ごろから全国に綿花の栽培が始まり江戸時代に入ると木綿問屋も形成され、急速に栽培と生産量が増大しました。綿生産の増加にともない綿を染める染料として藍の需要は高まりました。  そして、阿波藍の栽培は藩の積極的な政策もあり、江戸時代の中期頃には吉野川の下流域から中流域まで広がり生産量をのばしました。
阿波の藍は、品質のよい染料として高く評価され、藍玉(すくもを練り固めてこぶし大にしたもの)に加工し、全国に出荷されました。

 藍の生産は、明治時代の後期頃まで生産量が拡大し、明治35年頃には最高の15,000ヘクタールとなりました。しかしその後、化学染料の発明で安価な染料が普及したために、明治40年に、7,542ヘクタール、昭和元年には502ヘクタール、昭和40年には4ヘクタールまで急激に生産が減少してしまいました。
 しかし、衰退の一途をたどっていた藍栽培は、伝統工芸品や自然の手作り作品への人気の高まりなどもあり、昭和50年頃から郷土の伝統ある産業として見直されるようになるとともに、藍染め作品が注目されるようになりました。そしてそれを受けて藍栽培の面積も徐々に増加をしてきました。  昭和50年には、10ヘクタール、昭和60年には、21ヘクタール、平成3年には、22ヘクタールと生産面積が20ヘクタール台にまで回復してきています。

徳島藍の歴史についての参考図書
・徳島県史 (徳島県史第4巻昭和40年発行)
・阿波藍民俗史(徳島染織学会 上田俊雄氏 昭和58年発行 )
・藍染めの歴史と科学(三木産業株式会社技術室 平成4年発行)
・日本の藍 染色と美の伝統 (日本藍染文化協会 平成6年発行)
・四国大学(藍の家HP)

藍染の化学

藍の生葉

   藍染に使われる染料は、タデ科植物の「タデアイ」から作られる「すくも」です。すくもの中に青色の成分として、「インジゴ」と呼ばれる化学物質があります。布に吸着させ青色に染色するのが藍染です。 藍染はいろいろな方法によって青色染色が行われています。生葉を使用した生葉染。すくもを使用した灰汁発酵建てによる藍染。沈殿藍を使用した藍染などがあります。 ここでは生葉染と灰汁発酵建てについて紹介し、さらに化学的な変化についても説明します。

 生葉染めの原理を説明すると、タデアイの葉の細胞部分にインジカン(無色)の物質が含まれています。この物質は、葉っぱを細かく切るか、ミキサーにかけて粉砕(細胞が壊される)すると酵素の働きによりインドキシル(無色)が生成され、水に溶けだします。インドキシルは、タンパク質(つめや絹)には吸着され、空気中の酸素と結合することによりインジゴ(紺色・青色)に変わります。つめや絹の布を藍色に染めることができます。この時、赤色の成分であるインジルビンも生成されますが微量のため青色に紛れてしまいます。

 灰汁発酵建ては、すくもを使用します。「すくも」作りは、タデアイの葉を夏に収穫し乾燥させます。タデアイの細胞の中で酵素の働きによりインドキシルが生成され酸化されてできた成分であるインジゴは乾燥葉の中にあります。その乾燥葉藍を9月下旬頃から水をかけ、堆肥のように発酵させ繊維質を分解しインジゴを凝縮させます。土または腐葉土のようになったものが「すくも」です。  そのすくもを、アルカリ溶液(PH10.5~11.5程度瓶の管理によりHPは変化する)の中に入れて、自然界の中にいる微生物(還元細菌)を繁殖させます。?の中にあるインジゴは、酸化された水に溶けない不溶性の物質として存在しています。染色させるためには水に溶ける形になる必要があります。インジゴを水溶性変える働きをするのが還元細菌です。還元細菌によってロイコ体インジゴとなり染色可能な物質となります。布に吸着させ空気中の酸素と結合させ元の水に溶けないインジゴに戻して色を付けるのが藍染めの原理です。

 ☆化学反応を図式化したものはこちらから見てください。